企業ニュース 産学連携プロジェクト 明治大学×法政大学×チュチュアンナで共同研究を実施

掲載日:2018年12月21日

▲2018年11月9日チュチュアンナ大阪本社で実施された研究報告会



 女性用靴下・インナーSPA(製造小売)の株式会社チュチュアンナ(本社:大阪市中央区、代表取締役:上田 利昭)は、明治大学・法政大学と2018年度産学連携プロジェクトを実施しました。


 当社では、専門知識を持つ大学等の教育機関と民間企業が連携することで、新事業創出や事業の改良改善につなげていくことを目的に、昨年より産学連携プロジェクトをおこなっています。


 今年度は、明治大学商学部 菊池一夫教授 指導のもと明治大学 商学部と法政大学キャリアデザイン学部でマーケティングを学ぶ学生総勢34名に、3ヶ月半かけて研究を進めていただきました。明治大学との取り組みは今年で2年目となります。今年度は新たに法政大学も加わり、5チームに分かれて共通の2テーマに関する研究をおこなっていただきました。



【テーマ】

  • @当社の業態に関するマーケティング課題の特定とその改善策の提案
  • A顧客層ごとのレッグウェア・インナーウェアの購買意思決定プロセスの解明と入店率、購入率アップのための施策提案

 11月9日には、当社 大阪本社にてコンペ方式で最終報告会を実施し、学生から理論やデータに基づいた具体施策を提案していただきました。非常にハイレベルな提案が多く、POPや売り場、アプリ、SNS等、約30件の提案を実際に進めていくことになりました。


 今後も引き続き両校との産学連携の取り組みを強化していきます。



▲最優秀賞、優秀賞、チュチュアンナ賞が決定



▲最終報告会でのプレゼンテーション