interview02

自分のアイデアで
世の中を変える
醍醐味を実感
浅野 義人 Asano Yoshito
2014年入社 / デジタルマーケティング部

PROFILE

「商品をどのように売るか」に興味があり、幅広い業界を見るなかでチュチュアンナと出会う。アパレル志望ではなかったが、MDという仕事に惹かれるように。入社の決め手は明るい社風と風通しの良さ。店舗勤務を経て、3年目の秋に現職へ。店舗では全員参加の店づくりを掲げ、ダントツのチームワークを誇っていた名店長だ。

MISSION & REWARDING仕事内容とやりがい

2016年8月に新設されたデジタルマーケティング部(通称デジマ)にて、新技術を活用して通販・リアル店舗両方のファンをつくる仕事に携わっています。具体的には、アプリの開発や通販サイトのリニューアル、店舗可視化システムの導入など、様々な方法でお客様の志向を探り、お客様に寄り添うブランディングを目指しています。なかでも力を注いでいるのが「店舗可視化システム」で、販売実績データの収集にとどまるPOSではわからなかった購買までの消費者行動の見える化を進め、より魅力的な売場づくりに活かしたいと考えています。現在、導入にはこぎつけたものの、得た情報の分析・検証・反映はこれから。このシステムで成功実績を積み重ねることが現在の目標です。デジマは新設部署ということもあって仕事内容が幅広く、様々な部署と絡めるのが面白いところ。ここまでが自分の仕事と線引きせず、色々なことにチャレンジできるのがいいですね。

DAILY SCHEDULE1日のスケジュール

  • 09:00 出社。メールチェック
  • 10:00 社内MTGでプロジェクトの課題を洗い出す
  • 11:50 お昼休憩。上司や同僚とランチへ
  • 12:50 取引先様と電話会議にて商談
  • 15:00 分析や資料作成などの事務業務
  • 16:00 店舗巡回。店長からプロジェクトのヒントを収集
  • 17:30 退社
  • 19:00 会社の先輩とフットサルで汗を流す
  • 21:00 帰宅

チュチュアンナの魅力、
今後の目標

世の中に影響を与えている。そう感じられることがチュチュアンナで働く魅力です。特に私が携わるデジマの仕事は、自分のアイデアが遠く離れた土地の店舗で活かされる→スタッフの役に立つ→お客様に好影響をもたらすという広がりがあり、さらにそのお客様がSNSでつぶやく→それを見たまったく異なる地域の人が近隣の店でお買い物をしてくださるというつながりも生まれます。ちょっとした提案、発信から良くも悪くも大きな影響が生まれるという緊張感はありますが、こうした影響力があることが私にとってモチベーションになっています。また、当社には明るくポジティブな人が多く、「こうしたらもっと良くなるかも」とみんなが常に前向き。仕事には失敗がつきものですが、失敗を恐れて何もしないことを悪とする社風があるので、誰もがチャレンジングであることにも魅力を感じています。

MESSAGE就活生へのメッセージ

どの会社に入るか、何をしたいかではなく、「自分がどんな人になりたいのか」を見据えて就職活動をしてほしいと思います。配属を希望する部署や携わりたい仕事があっても、入社後に希望が叶えられないことは多いもの。それは確かに残念ですが、そこで挫折せず、その先にある「なりたい自分像」を実現するために頑張ってください。

PICK UP ITEM思い入れのある商品

無地の靴下
店舗ではぜひ無地の靴下に注目を!微妙に違う色、数センチ単位で異なる丈など、MDや店舗のこだわりがわかるはずです。