お店づくりについて

宝箱をあけたときのようなワクワクを

当社は卸事業からスタートしましたが、当時から商品の取り扱いがたとえ1コーナーであってもひとつの売場と捉え、什器・レイアウト・品揃え・陳列にこだわり、トータルに提案してきました。また、当社は早くからVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)を重視してきました。商品のよさは、センスある売場があってはじめてお客様に伝わるという信念があったからです。チュチュアンナの世界観を内装やインテリア、販促物などを通じて視覚的に表現することで、お客様が「入ってみたい・見やすい・お買い物しやすい」と直感的に感じる店づくりを追求しています。

接客においては、おもてなしの心を大切にしています。流行の先端をいくファッションビジネスですが、お客様が楽しくゆっくりお選びいただける気持ちよいサービスをスタッフ一人ひとりが心がけています。

お店に1歩足を踏み入れると宝箱をあけたときのようなワクワクを感じ、チュチュアンナで過ごす時間が楽しい、また行きたい、と思っていただける店づくりにこれからも挑戦していきます。